堀越和也Kazuya Horikoshi

IT働楽研究所 システム本部所属 2014年 中途入社

堀越和也当社に入社した理由を教えてください。
私が働楽への入社を決めたのは、先輩社員の方々の人柄と思いに魅かれたためです。前職の企業では、社員間での競争意識が非常に強く、個人のパフォーマンスを最大限に発揮することが重視されていたため、同僚の方々は仲間というよりライバルという存在でした。当時は日々強いプレッシャーを感じており、徐々に業務に対するモチベーションが下がっていってしまいました。
そんな中で出会ったのが働楽でした。「変わった名前の企業だな」と思い調べてみると、社長メッセージの中に「仕事とは楽しいものだという事実に辿り着いてほしい」という言葉を目にしました。その言葉に衝撃を受け、選考を受けることに決めました。
選考の中で人事担当者や幹部の方々、社長とお話しさせていただき、「仕事を心から楽しんでいる。仕事を通じて人生を充実させている」という印象を強く感じました。また、社員間での仲間意識が強く、お互いを尊重しながら一丸となって会社を良くしていくという思いも同時に感じました。私も、「この人たちと一緒に仕事をしたい。仕事を通じて人生をもっと良くしたい」と思い、入社を決意しました。
仕事で一番嬉しかったこと、やりがいを感じたことを教えてください。
働楽の仲間たちが、より大きな期待をしてくれることに一番のやりがいを感じます。 新規顧客獲得戦略のために、一年半ほど単独で顧客先に常駐していたときのことです。多忙だったこともあり、本社に顔を出す機会が少ない時期が続きました。プロジェクトを終え本社に帰ってくると、今まで話す機会がなかった仲間までもが、私の名前を知ってくれていると同時に、働きぶりを認めてくれていたのです。本当に驚きました。
直接同じプロジェクトで仕事をする機会がなくても、現場での働きぶりがフィードバックされ、認め合えることは働楽の強みだと思います。そして、より大きな期待をしてくれて、よりチャレンジングな仕事を任せてもらえます。
堀越和也当社の魅力はどんなところにあると思いますか。
「一緒に働く仲間たちの人柄」、これに尽きると思います。
働楽社員は、仕事を楽しむという熱い思いと、仲間たちへの思いやりでは他社には負けません。 働楽社員は一度お酒が入れば、「どうしたら働楽をもっと良い会社にできるか」という熱いディスカッションが始まります。幹部社員やベテラン社員だけでなく、若手社員もそれぞれ思いを持っていますし、会社としてもいいアイデアはどんどん採用する柔軟性があります。
思いやりという点では、上司の方々が一人一人の社員をとても気にかけてくださいます。普段違う現場で働いている上司の方でも、顔を合わせる機会があれば、「頑張っているみたいだね。期待しているよ」と声をかけてくださいます。働楽のすごいところは、これがベテラン社員だけに限らず、幹部陣、さらには社長までもがこのように気にかけてくださるところです。幹部陣や社長が、個々の社員のためにお話しする時間を作ってくださるのは本当にすごいと思います。顧客先から本社に戻った際に社長にご挨拶に伺ったところ、社長のビジョンや会社の戦略、そして激励の言葉をお話ししていただきました。ここまで時間を取ってくださるのは、社員を思いやってくれている何よりの証だと思います。
最後に当社への入社を希望している方へ一言メッセージをお願いします。
働楽では、仕事に対する熱意を持っている方を募集しています。働楽はIT企業ですが、入社前に情報システムの経験がほとんどなくても、入社後に活躍している社員はたくさんいます。仕事に熱意を持って取り組めば、知識や技術は自然と身に付くからです。
「仕事を楽しむぞ!」という熱い思いをお持ちの方、「知識に自信はないけど、全力で取り組むやる気はある!」という方、ぜひ一緒に仕事を楽しみましょう!

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。